News

    今更ながら、私の夏休み ②ハーバリウムの魅力

    私の夏休み、2つ目の話題は、

    「ハーバリウムを体験したこと」

    です。ハーバリウムとは→直訳すると「植物標本」という意味です。

    かんたんに言うと、ガラスの容器にプリザ&ドライフラワーを入れ、
    容器をオイルで満たしたもの、だそうです。
    (by ハーバリウム協会@東京本部 太田さん)

    本当にそれだけなんですが、何を入れるかによって全く違ってくるのです。

    P_20170822_163442これ、先生の作ったサンプル作品。ねー、シックでしょう?
    かわいくも、大人っぽくも、ポップにも行ける感じ。

    クラフト界では、久々の大型新人、なのだそうです。P_20170822_163632私の初作品です。様になってるでしょ?
    初めてにしては良くない?←自己満足ですが(笑)

    これが明かりを落とした部屋で見ると、またイイんですよ。
    体験した当初は、余りに簡単なので、こんなもんかな?と思っていました。
    だけど、うちに持って帰ってジーと見ていると、かけた手間以上に良い。

    「お片づけ的」には、作り物系はちょっと危険です。
    もちろん素敵!と思って始めるのですが、だんだん究めていくと、作品が増えてくる。
    目も肥えてくるので、材料もたくさん持ちたくなる。

    残念ながら、モノは消えてなくなることはありません。

    愛着もあるので捨てられない。作品が増え続け、しまいには……。

    私は家の一部屋が「材料部屋」になってる人を知ってます。

    また、作家さんに伺うと、「子どものバザーでさばくのよ」ですって。
    外から見ると、あんなに手の込んだものを出すなんでもったいないと思うのですが、
    本人曰く「捨てるよりマシ。少しは役にたった立ったと思えは、罪悪感もなし。」
    なんだそうです。

    その点「ハーバリウム」は少々花材の在庫を持つ必要はありますが、
    それ以外は容器の中で完結します。

    飽きてしまったら、中身を出して洗えばまた使えます。

    良くな~い?

    なんていうけど、ただ私が「良いわ」と思っただけかもしれませんね。

    色んな意味で「良いわ」と思ったその気持ち。大事にしたいと思います。

    9月10日(日)まで、

    アメリア稲城ショッピングセンターの催事コーナーで体験できるそうです!

    私もこれから娘と行ってこようと思います。

     

    leave a reply

    *
    *
    * (公開されません)