News

    自習より、早かった○○○○の作り方

    暑かったり、寒かったり気温が安定しませんね。
    気候変動?酸性雨?など考えれば考えるほど怖くなってしまいます。

    もちろん全く忘れてしまうのは、良くないですが、
    あまり気にしすぎるのもどうか?と思います。

    それ頃「杞憂(きゆう)」です。長いようで短い一生。
    楽しく過ごしたいものですね。

    と、話がそれましたが、今日は料理の話題です。

    料理界もファッション界のようにはやりがあります。
    今だと「地産地消」や「一から作ったものを食べる」などでしょうか。
    それから「米の消費」でしょうか。米→ご飯というように日本人の食には欠かせないもの。

    ただ、昨今日本は豊かになり、食べるものの選択肢が増えてて、米そのものの消費が減っているそうです。

    そんな中、お菓子やパンも米で出来ないかと、色んな人が試行錯誤をしておりますが、
    あまりうまく行っておりません。どうしても「もちっ」とした食感になってしまうのですね。

    以前からそんな、今一の「米粉」何かいい方法はないものか、と考えておりました。

    そしたら、何と私身近に、いたんですよ、そのお悩みを解決する方が……。

    おやつ工房 さら」さんが「米粉のマフィンの作り方」を教えて下さると、言うのです。

    さらさんが、アメリア稲城マルシェに出店するたび、買い込んでブースの隅で、もぐもぐやっていた私。
    だって、美味しいんだもの。
    で、正直言うとちょっと「お高め」材料にこだわっていますので。

    そんなマフィンが、自宅で焼ければいいな~。
    P_20170905_120201こんな風にね。(これは本当に私が作ったもの)

    私が知りたかったことその➀ 「米粉」というが、どれを選んでよいか。

    米が原料の粉ってたくさんある。上新粉 だんご粉 白玉粉 米粉、ざっと上げてもこれだけあるんです。
    どれを使っていいか見当がつかない~。前はここでつまずきました。
    今回は、結論から言うとマフィンは「製菓用薄力粉」(製菓材料店で手に入る)でOKです。
    ただ、クッキーにむくもの、スポンジケーキにあうもの、など色々だそうです。
    これはやってみないと分からないし、さらさん自身、今でも試行錯誤の連続だそうです。

    自分でも試行錯誤するのもいいですが、取り合えず焼ければいいという私みたいな人は、
    さらさんの料理教室に参加するしかない!

    P_20170905_110122本当に丁寧に教えていただけます。
    習ったのに出来ないということはありません。

    やってみて、うまく行かなかったときはメールで質問も受け付けてるそうです。
    助かる~。

    私も作ってみましたが、ばっちり

    leave a reply

    *
    *
    * (公開されません)