News

    いきなりやってきた捨てられないもの、それは…。

    私は片づけの効果を知ってから、モノ選びにはかなり慎重になったと思います。
    また、のちのち処分に困るものもなるべく選ばないように、と心がけています。

    そんな私に、先日降りかかった災難(大げさ)を聞いてください。

    私は大体ひと月ごと、定期的に病院に行ってお薬を頂いております。次回は年明けになるかもしれないという事で、少し多めに(ひと月プラス一週間)の薬を頂きました。

    それが、別件で伺った時、処方が変わって、前回頂いた薬が丸ごといらなくなりました。

    P_20171206_062146ごそっとこれくらい。かなりのボリュームです。

    どうしよう。もう飲むこともないし…何か役に立たないかな?と思い、薬局に問い合わせたりしたところ、なんと

    捨てるしかない

    という事が発覚。えー、だってほんのちょっと前に頂いたばっかりで、封も切ってないのに。
    何とかどこかで使ってもらえないかと思い粘りましたが、結論から言うと、

    一度、処方した薬は、返却することができない。
    だそうです。

    そして、薬を出すときは、必要最低量ではなく、もし何かあった時にも十分なように多めに処方するそうな。
    ま、確かに次の来院が遅くなってしまうという事はあり得ますから。

    返金はしなくてもいいので、薬だけ引き取ってもらえませんか?もNO。

    どうすればいいの?と率直にお聞きしたら、
    「また、似た症状が出たときのためにとっておかれてはどうでしょう。」

    ああ、そんな日が来ないことを祈るよ。
    大体そういうものを取っておくと、何の薬か分からなくなってしまうと思うのだけど。
    薬剤師さんも苦肉の策で言っているんだろうな。

    こういうものを、 残薬 といって、全体的にも問題になっているらしい。

    無駄は、何百億円のレベルだそうです。

    海外では、そういった残薬を引き取って第三世界に送るような取り組みもあるようです。

    が、今の日本に住んでいる私は…。

    やっぱり捨てるしかない。

    こういうのが嫌なんですよね。何か悪い事してるみたい。
    そうこうするうちに「何で多めに貰っちゃったんだろ。私が悪い。」のような考えが浮かんできたりして。
    よろしくないです。

    何とかなりませんかね~。

    今のところ、分かっちゃいるけどえいっと捨てられないわたしは、薬を見て悶々とするのでありました。

    leave a reply

    *
    *
    * (公開されません)