News

    ああ、我が家にもやってきた「反抗期」の試練

    こんにちは、わたなべのりこです。

    ここのところ温かく、桜の開花は例年の一週間以上早い模様。

    きれいな花を接写してみました。

    この季節は、学年の変わり目。我が家では3月は「子どもの片づけの月」としています。

    心機一転の時ですので、今後いるかいらないかを判断しやすいと思います。

    ですが、今年は我が家の中2男子の方がつまづいております。

    自立心が芽生えてきたといえば聞こえがいいですが、要は反抗期に入って言う事を聞かなくなってきたのです。ただし、我が家は、直接反抗してくるというより、返事はハイと言って何もやらないタイプ。

    「いつまでにやる?」「○○までにやる」「やってないじゃない」「うん。ごめん」

    この繰り返し、無限ループ、疲れますよ~。

    いつまでに終わらせるつもりなのか、今日はどこをやるのか。少しでも危機感を持ってもらいたくて、しつこく聞いたりして。

    ほとほと疲れました。

    でも、こういう時って、頭ごなしに怒鳴りつけても、自分がスッキリするだけであんまり効果ないんですよね。(試した経験あり)

    彼の部屋は彼の管轄下であるからして、基本的には彼のもの。

    私が「何とかしなくては」と思う必要はない。

    淡々といつやるのか、片づけた方がよい事を伝え続ける事に専念することが、今の私にできる事です。

    代わりと言っては何ですが、私と中2男子とのやり取りを見ていた小5女子は、なぜか自主的に片づけ、完璧。これはきっと神様からのご褒美ですね(笑)

    神様、どうぞ私に中2男子を見守る、忍耐力をくださ~い。

    子育てって、日々修行だと思う今日この頃です。

     

     

     

     

    leave a reply

    *
    *
    * (公開されません)