News

    「断捨離」ってやっぱりすごかった。

    こんにちは、わたなべのりこです。

    皆さん「断捨離」ってご存知ですか?「だんしゃり」と打つだけですぐに変換されるくらい日本語に馴染んでいますが、

    やましたひでこさんの作った言葉なんです。

    「片づけ」を生業とするものとして、もちろん本は読んだことはありますが、こちらが簡潔にまとまっており、DVDもついている、

    ということで「断捨離入門講座」新たな気持ちで読んでみました。

    dav

    読んだ感想。「やっぱり断捨離」ってすごいな~と素直に思いました。確か私がこの元本を読んだのは5年以上前なのですが、

    全く色あせていません。作者のやましたひでこさんが女性で、酸いも甘いも嚙み分けた人生の大先輩だからでしょうか。

    「片づけ本」ってたくさん出ていて、それぞれに工夫が凝らされていて楽しいのですが、その中でもこちらは自信を持って

    一読をお勧めできます。

    中でも、「人のモノは捨ててはいけない」というところがすごく共感できました。

    「人のモノを捨てるという事は、その人の選択決断の領域を侵す事なのであってはならないこと」だそうです。

    実は、これ結構やってる人多いんですよね。それもあんまり深刻に考えず気軽に…。

    例えば、良くあるのが、奥さんが「うちの旦那はモノばっかり増やすので私が時々こっそり捨ててるんです。」とおっしゃるケース。

    これは危険ですよ!気が付いていないようで、実は気づいているかもしれません。

    そして、「うちの奥さんは、俺の事は全く尊重してくれないんだ。」なんてお腹の中では考えてるかも。

    私自身は、片づけの勉強を始めてから、どんな結果になるか恐ろしくて、旦那のモノを勝手に捨てたことはありません。

    お客さまにも折に触れ、しっかりお伝えしていこうと思いました。

    他にもたくさんの気づきがあって、楽しい時間を過ごせました。

    恐るべし「断捨離」です。

     

    leave a reply

    *
    *
    * (公開されません)