News

やっぱり「捨てる」ってつらいものです。

私は、整理収納を仕事にしようと思った時に、家のすべての物を「片づけ」ました。
それはそれは大変な作業でして、やり切った事を自分で自分をほめてあげたいです!
そうして、片づいた訳ですが、時を経るとだんだんモノが増えてくる~。
これは自然の摂理なので、正直どうしようもないです。
モノが家に入れば、何かを出さなければモノは増えます。
普段意識して、
なるべくモノは入れないようにする。
買い替えたものは、取っておかないで処分する。
を心掛けていますが、今回は結構難関でした。
今回のお題は、
P_20170415_141854これ、何だがわかりますか?
七五三の女の子の帯なんです。他にも着物一そろいあります。
私の為に、亡き祖母が誂えてくれたもの。
これを着て、誇らしげな私の写真がたくさん残ってます。
思い出も多いモノです。

ただ、うちの娘はもう小5。私が着付けが出来ないので、そのままになっていました。
誰かに譲るとしても、柄が古いしちょっとくたびれてもいるので難しい。

となると、やっぱり……捨てるしかない。

壊れてないモノは捨てにくいって本当ですね。
私はその、最後のところを引き受けた!と思う事にしました。

アナタは「捨てる痛み」を感じたくなくて、誰かに譲ろうといませんか?
モノは確かに何でも何かに使えますが、
それを自分で見つけられるとは、限りません。
そんな時は、思い切って「捨てる」を決断する必要があるかもしれません。

 

 

 

leave a reply

*
*
* (公開されません)