News

ワンオペ育児について考えてみた。

P_20170505_114334GWに行った、千葉の海です。きれいだったな~。

ところで、皆さま、「ワンオペ」ってご存知ですか?

ワンオペ(ワンオペレーション)とは人手が不足する時間帯(特に深夜)を中心に外食チェーンなどで従業員を一人しかおかず全ての労働をこなす行為をさす。
(お手軽なWikipediaからの引用で失礼)

某外食チェーンの実態が話題になりました。
トイレにも行けないで、膀胱炎になったなどという笑えない話も。

そして、この頃静かな話題となっている「ワンオペ育児」という言葉。

お父さんが仕事が忙しくて殆どいないお宅とか、
お父さんが単身赴任してしまったお宅とか、
共働きなのにお父さんのヘルプが得られないお宅とか、

全てお母さんがやらなければならない状態、
立ったまま寝てしまってもおかしくない状態だそうです。

我が家は子供が小さい時、私は専業主婦。
サラリーマンの旦那もそう激務ではなかったですが、
実家も近くではなかったので、母にそう気軽に来てもらう事は出来ない。

なので、平日はやっぱり「ワンオペ育児」でした。

トイレのドアを開けっぱなしで、用を足したり、
足にまとわりつく子供を蹴飛ばしながら、料理したり、
やり残した家事を気にしながら、子どもの砂遊びに付き合ったり
アツアツのラーメンは下の子が3歳くらいになるまで食べられなかったりとか

「ワンオペ育児」の言葉で色んな事が思い出されて、心が痛くなりました。

このブログを見て頂いてる方で、今その状態の方がいらしたら、

・その状態が続くのは一時(子供は嫌でも大きくなる)ですよ。
・借りれるヘルプは何でも使いましょう。
(親でも友人知人でも行政サービスでも民間のサービスでも)
・自分の健康を第一に
(旦那が倒れても家庭は回りますが、あなたが倒れてたら確実に崩壊します)
・自分の後回しをやめて
(何となく家族優先にするのが美徳と思ってしまうかもしれませんが、
それは世間の刷り込み、大きな間違いです。アナタが健康が家族の幸せのカギです)

このことを強くお勧めします。
私自身も数年前までは、そんな状態になったこともあった訳で、
一歩間違えば、自分がつぶれるか、子どもに何かしたかもと思います。
無事に平穏に暮らしているのは、色んな面で周りがサポートしてくれたからです。
ホント。

「みんなはちゃんとやってるはず。私も頑張らなくちゃ。」なんて思わないで
きちんと声を上げて下さいね。

どうも、他人事とは思えなくて、力が入ってしまいました。

 

leave a reply

*
*
* (公開されません)